マスティフ♪

マスティフ♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

この前

友人のFacebookで、フィンランドで日本の漫画

銀河が人気らしいと知りまして

 

へー犬が喋るのがいいのかな?

なんて思ったんだけど

 

同じ著者でもう少し時代をさかのぼって

白い戦士ヤマトという闘犬の漫画がありまして。。

ワタクシはこちらなら読んでました( ´艸`)

最終回までは読んでないんだけど。。

 

ヤマトは秋田犬でしたね(確か)

 

 

 

白いのがヤマト、後ろの3頭ジェットストリームアタックみたいだな

 

 

ヤマトの父親は、今風で言えば、歴代チャンピオン(闘犬の)

 

その血を引く子犬を手に入れた少年は

ヤマトと名付け、一心同体となって厳しい訓練を積みながら

次々と襲い掛かる刺客(飼い主とその闘犬たち)を倒しながら

成長していく、犬と少年の絆を描いた物語(だったと思う)

 

闘犬の賛否はさておき。。

 

昔は、わりと動物と少年の絆をテーマにした漫画は多かったような気がしますね

これよりもっと古い漫画で

闘犬カイキオーというのもありましたよ

こちらは土佐犬です

 

現在の少年ジャンプでは無理な設定でしょうね(;^_^A

 

で、白い戦士ヤマトの何話目かで

マスティフと対戦する巻があったんですよ

 

そこからの

マスティフです( ´艸`)

 

 

マスティフ

 

 

 

原産国:イギリス

起源:古代

初期の用途:ガーディング

現在の用途:コンパニオン、ガーディング

体重:79~86㎏

体高:70~76㎝

 

マスティフはその長い歴史の中で、ブルマスティフなど数多くの犬種の開発に貢献してきました。1590年のイギリスの法廷文書には「マスティな子犬を一匹」購入したと記録されています。

これにより「マスティフ」という名前は、アングロサクソン語で「パワフル」を意味する「マスティ」という言葉から来たと考えられています。

今日、マスティフは原産国外はもとより、原産国でさえ滅多に見かけることはありません。

世界でもっとも大きな犬のひとつであり、飼うのに広いスペースを必要とし、食餌も大量に必要です。

一般的に穏やかな犬種ですが、飼い主にたいしては絶大な保護能力を発揮します。

並外れてパワフルでコントロールが困難になる事もありますので、賢い操縦を行わなければなりません。

 

犬種の歴史

 

マスティフは2000年前イギリスに生息していた犬で、軍用犬及び闘犬としてローマに輸出されました。

この犬は地中海商人やフェニキア商人、あるいは他の商人を介して、遠くアジアからウラル山脈、北ヨーロッパを通ってイギリスに渡ったと考えられています。

 

(新・犬種大図鑑より抜粋)

 

体高が70~76㎝ってかなり大きいですよ

グレートデンとほぼ同じ

 

体重はもっとあるし

こんなのに襲われたらたまったもんじゃないね

 

それにしても、

白い戦士ヤマトに登場したマスティフ

覆面をつけて登場し、呼び名が「ハリマオ」(確か・・)

 

結局ヤマトに敗れるのだが

飼い主はこれまた少年だった。。

 

マンガだからいっか。。

にしても、子どもが扱える犬ではない

普通の大人でもムリだし( ´艸`)