お散歩の仕方の問題でしょうか?

お散歩の仕方の問題でしょうか?

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

今日は暖かいですね~

寒暖差が大きくなり、花粉も飛び始めたようですね(;^_^A

体調管理にお気をつけてください。。

しかし

わんこのお散歩が楽しい季節になってきたことには違いありません🐶

日も伸びてきましたし

昼間出てもちょうどよい気温ですよね。。

わんこのお散歩は

ご自身の健康も兼ねて、という方もいらっしゃるかもしれませんが

ヒトと同じペースで歩くだけの散歩は、わんこにとってはいい運動、とは言えないかもしれません。。

犬の運動量って、かなりハイレベル。

1時間かそこら歩いたくらいでは疲れません(;^_^A

もちろん犬種などにもよりますが

トイプードルでも、普通に歩いているくらいでは、本人は疲れませんね・・・

でもやはりお散歩は行くべきでしょう。

犬は、元々縄張りを持ち、徘徊している動物です。

大抵のお宅では、昼間はお留守番している事が多いと思いますので
朝・夕、外に出て色々な刺激に触れるのは、気分転換にもなるし、社会化にもなります。

お散歩プラス

おもちゃなどを使って引っ張りっこ遊びや
モッテコイ遊びなどをしてあげるといいと思います。

ノーズワークなども
嗅覚と頭を使うので、わんこは結構疲労しますよ。

(ノーズワークに興味がある方は別個に対応いたします)

元気が良いからといって
自転車などひきながらお散歩をしてはいけません。。

とても危険ですし、道路交通法違反となります(確か)。

つい最近
ネットで、軽自動車で歩道を走り、運転席からロングリード?で犬を引きながら
散歩になるのか、なんだか走らせていた高齢者ドライバーの動画がアップされ、炎上していました。。

見たくなかったのですが(;^_^A

朝のワイドショーで取り上げていて
スタディ・ドッグスクールの先生がコメントしているというので視聴したのですが・・・

先生のコメントがどの部分だったのかイマイチよくわからないうえに

コメンテーターのコメントが、ひどくて。。

「犬というのは強いリーダーに従う動物だ、散歩は人に従って歩くものなのに、
あれでは機械に従っている事になるじゃないか」

いまだにリーダー論!

「散歩に行かないよりは、あんなやり方でも出るほうが、犬にとってはいいんですかね?」

あなたは車にひかれて走らされて嬉しいですか?

「高齢で足腰が悪くて、仕方ないのかもしれませんけどね~」

ご自身の健康状態が悪くて犬の適正な飼養が可能なんですか?

「かといって、おじいさんから犬を引き離すわけにはいきませんしね~」

犬の福祉を考えたら譲渡を勧めるべきですね。

と、ツッコミどころ満載な内容で
ストレスが溜まっただけでした。。。

犬のしつけ・ドッグトレーニング

一応
我が国にも動物愛護管理法というものがありますが

それを意識している一般の飼い主さんは
まだまだ少ないように思います。。

失礼ながら
地方ではとくに(;^_^A

動物愛護管理法も

動物を保護管理する法律を作ろう!という声があがって作ったものではなく

昭和48年

昭和天皇が訪英するにあたり

英国のマスコミから
「今度日本からエンペラーがやってくるが、彼の国は動物を保護管理する法律も無い野蛮な国だ」

と、言われたため

慌てて宮内庁が厚労省だかに要請して既成事実として作った法律なのです。。
(このくだりは以前もブログで書きました、面白いエピソードなもんで)

なので

成立自体は昭和48年なので

おや?案外昔からあるんでないの?
日本も捨てたもんじゃないね?

と思われますが

関心を集め、改訂を求められ議論が盛んになってきたのは
平成になってからですね(;^_^A

ペットとの暮らしはとても楽しい事や嬉しい事、癒しもあります。

しかし、ヒトの関係はギブアンドテイクです。

寂しさを埋めるためでも運動のためでもいいけれど

要求ばかりではなく、こちらからもきちんと返してあげないといけませんよね。。