まずは、いい所だと思ってもらいましょう♪

まずは、いい所だと思ってもらいましょう♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

パピーレッスンの中で

やっておきたい練習に

「ハウストレーニング」があります♪

 

クレートを使って練習します。

 

「ハウス」または「クレート」などの合図で

入れるようになり

且つ、扉を閉めても一定時間中で落ち着いて待機出来るように

なっておくと

色々な場面で使えます♪

 

 

 

 

 

どこかに出かけた時、

来客の時、

もしもの災害の時の同行避難の時など。。。

 

 

ハウスの練習で大事な事は

 

罰として利用しない事・・・

 

いたずらをしたから

噛んでくるからなど

人からみたら困る行動を起こした時に

罰として中に入れる

という使い方をすると、

 

当然ながら犬としては、「嫌な場所」

という認識になってしまいます。。。

 

「嫌な場所」に入れられたら

出たいので「くんくん」鳴いたり、吠えたり

扉をがりがりしたりします。

そんな時に

「仕方ないわね~」と出してしまうと

こうすれば出してもらえるな

という行動の方を学習してしまいます。。。

 

 

まずは

クレートはいい所だ、と思ってもらいます。

 

「いい所」と思っているかは

実際に本人に聞くわけにはいかないのでわからないのですが

クレートに入る行動が増えていれば

すくなくとも「嫌な所」とは思っていないと思います(;^_^A

 

クレートに対して「いい所」だという条件付けをしてから

「ハウス」や「クレート」などの合図を付ける練習をした方が

スムーズです🐕

 

 

 

 

「クレート」の合図で入る練習中、ブリュー君♪

 

 

 

トレーニングの成功のコツは

まずは、犬が出来るだけやりやすい環境を整えて

 

失敗しにくいようにすすめて行くのがポイントです♪