アラスカン・マラミュート♪

アラスカン・マラミュート♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

某ペットショップに行った時

 

アラスカン・マラミュートを連れて来店している方がいました。。

 

大き目なシベリアンハスキーかと思ったら

「アラスカンマラミュートです」との事。

 

 

こちらの飼い主さんは

どうしてもアラスカン・マラミュートが欲しくて

あるブリーダーさんを訪ねたが、

既にブリーダー業は引退していたそうで・・・

 

 

しかし、どうしてもあきらめきれず

何度も交渉した結果

本国アメリカのブリーダーを紹介してもらい

そちらから購入した、との事でした。

 

実際にお迎えするまでの苦労とかかった費用を聞いて

さらにびっくり(;^_^A

 

 

そこで

「アラスカン・マラミュート」です。

 

 

アラスカン・マラミュート

 

原産国:アメリカ合衆国

起源:古代

初期の用途:そり犬、狩猟犬

現在の用途:コンパニオン、そり犬、犬ぞりレース

体重:39㎏~56㎏

体高:58㎝~71㎝

 

 

 

 

 

 

 

外貌はオオカミに似ていますが、アラスカン・マラミュートは人懐っこい犬です、

過度に感情を表に出したり、威厳を示そうとしたりすることも無く、知っている人間や犬とは喜んでじゃれあいます。

このたくましい犬は、分厚い胸と抜群のスタミナを持っています。

ジャック・ロンドンは、極寒の北極地方の生活を描いた小説の中で、ハスキー種の並外れた体力について述べていますが、これらはおそらくマラミュートのことだと思われます。

カナダやアメリカでは、家庭で飼う犬として人気がありますが、この犬種は、活発な動きを特徴としており、犬ぞりレースではその才能をいかんなく発揮します。

 

犬種の歴史

西アラスカの北極海沿岸に住むマールマット・イヌイトにちなんで命名されたこの犬種は、ヨーロッパ人がアメリカ大陸にやってくるずっと以前から、牽引用として用いられていました。

 

(新犬種大図鑑より一部抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

 

1995年ごろ

埼玉県で発生した「愛犬家連続殺人事件」で

主犯格のペット業者が最初に日本に紹介したそうですよ・・・

 

真相は分かりませんが・・・

 

 

愛犬家

愛鳥家

その他

愛〇家、と名乗る人たちは

その〇を自分のコレクションとして愛でる対象、

または、金儲けの対象

として愛している。。

 

という印象を受けますね。。。

(つまり、胡散臭い)

 

特に

20,30年前は

バブル経済の影響もあり

かなり酷かったと思います(´;ω;`)

 

 

あんな狂乱の時代より少しは改善してきているのではないかとは

思うのですが・・・

 

 

すくなくとも

某ペットショップでお会いした

アラスカン・マラミュートの飼い主さんは

愛情を持って大事にお世話をされているようでした。

 

 

これからも

お迎えしたペットを最後まで大事に

飼ってくれる飼い主さんたちをお手伝いしていきたいと

思います(*^^*)