グリフォン・ブリュッセル!

グリフォン・ブリュッセル!

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

ハリウッド映画

「恋愛小説家」御覧になった事ありますか?

 

ジャック・ニコルソンとヘレン・ハント、ベテラン俳優による、人間ドラマです。

ストーリーも演技も素晴らしいんだけど

特筆すべきは、この犬!

「グリフォン・ブリュッセル」

欧米では人気犬種のようです。

 

オスカーものです( ´艸`)

 

 

 

 

 

このジャック・ニコルソンが演じている小説家が実に嫌な奴なんですよ(笑)

主演を嫌な奴にするっていうのは、実はストーリーを進めていく上では、常套手段なんだけど

神経症で、潔癖症で、自己中心的(笑)

 

近所のゲイカップルが飼っている、この犬をゴミ箱に捨てたり

歩道を歩く時「傍によるな」とわめき、石畳の継枝を踏まないで歩くのです。

 

まあ、詳しいストーリーはさておき

(観たことない方は、ぜひ観てね)

 

この犬を預かる事になってしまったんだけど、当然いやいやなわけですよ

で、仲良くなるキッカケが

 

 

 

芸達者なグリフォン・ブリュッセル

 

 

主人公が、この犬を連れて外を歩いている時

 

犬が、石畳の継ぎ目を避けて歩いている事に気が付きます。

「お前、見どころあるじゃないか!」と犬を見直し

そこから、この犬に心を開いて行くわけですよ。。

 

うまく継ぎ目を避けて歩くな~と感心しましたね。。

どうやって教えたのかしら?

 

さすがにアメリカは、動物の調教も素晴らしいです。

 

ブリュッセル・グリフォンという通名が知られているようですが

新犬種大図鑑では「グリフォン・ブリュッセル」で載っています。

 

 

 

グリフォン・ブリュッセル

 

 

グリフォン・ブリュッセル

原産国:ベルギー

起源:1800年代

初期の用途:小型の害獣の猟

現在の用途:コンパニオン

体重:2.5~5.5㎏

体高:18~20㎝

 

グリフォン・ブリュッセルは、この犬とかかわる人間たちが協力という事の重要性に気づくずっと以前から、ヨーロッパが一つになることの素晴らしさを世の中に知らせました。この犬は典型的な「ユーロ・ドッグ」なのです。

さまざまな地域の犬の血を入れることによって、気立てが良く、楽しく、機敏で頼りになるコンパニオンが作りだされました。この犬の名前は複雑になっています。

3種の良く似た犬をベルギー・グリフォンとしてひとまとめに分類している国もあれば、これらの犬をそれぞれ別個の犬として公認し、別々の名前をつけている国もあるのです。(この分類方法はベルギー特有のもので、ベルギーシェパードの4犬種の分類に関しても、同じことが言えます)

ふたつの世界大戦の間、この犬種の人気が絶頂期に達した頃には、ブリュッセルだけでも、実際に何千という数の繁殖用の雌犬がいました。

今日ではこの犬の祖先でもある、ヨークシャーテリアに人気を奪われてしまいましたが、ベルギーでは現在でも最も人気の高い犬種です。

 

犬種の歴史

プチ・ブラバンソン(数種類のグリフォン・ブリュッセルの中の1種)

 

 

プチ・ブラバンソン

 

プチ・ブラバンソンは、その滑らかな被毛から、パグの血が入っている事がはっきりとわかります。

ベルギーでは「グリフォン」は固い針金状の被毛を意味しますが、この犬種は、名前とは全く異なった犬なのです。グレート・ブリテンやアメリカ合衆国などのケンネル・クラブは、現在でもこの犬種をベルギー・グリフォンとして分類しています。

 

 

ベルギー・グリフォン

 

 

 

(新犬種大図鑑より抜粋)

 

プチ・ブラバンソンは少し違うかな?と思うけど

まあ、似てますよね

日本犬の中の、四国犬や、紀州犬みたいなもんですかね?

 

日本では、あまり見ないですね~

少なくとも、私はまだお目にかかったことはないかな?