ケリー・ブルー・テリア♪

ケリー・ブルー・テリア♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

ラグビーワールドカップが

日本にて開催中であります!

 

ラグビーファンというわけではなかったのですが

見始めると面白くて

テレビ中継されている試合はほぼ観ているニワカファンです(;^_^A

 

今日は日本対サモア!

それならばとサモアに犬はいるのか?

とちょっと調べてみたところ

犬は国中?にたくさん、つまりそこらへんにたくさんウロウロしているようで(;^_^A

 

アジアなどではよくある光景ですね・・・

 

犬種団体などに公認されているサモア犬はどうやらいない模様・・・

 

なので

先週日本の対戦相手だったアイルランドでいってみましょう( ´艸`)

 

やはり、寒いところや欧州圏は犬種が豊富ですね。

アイルランドも何種かいますが

こちらの「ケリー・ブルー・テリア」はアイルランドの国犬との事です(^^♪

 

 

「ケリー・ブルー・テリア」

 

原産国:アイルランド

起源:1700年代

初期の用途:アナグマ、キツネ、ネズミ猟

現在の用途:コンパニオン、野外実地競技用、ネズミ、ウサギ猟

体重:15~17㎏

体高:46~48㎝

 

 

 

 

この犬種の子犬は、黒い毛色で生まれてきますが、この毛色は生後9か月から24か月の間に、ブルーに変わります。

一般に、毛色が変わる時期が早いほど、淡いブルーになるようです。

アンダーコートがなく、オーバーコートも抜けいないため、家庭のペットとして適しています。

この犬種は、何でも屋のテリアで、優れた警備犬、ネズミ捕り、水上の回収犬、牧畜犬として用いられてきました。

ネズミやウサギの猟は、現在でもアイルランドで仕事をするケリー・ブルーの生活の一部となっています。

 

犬種の歴史

アイルランド政府によって、国犬に指定されたこの犬種の原産地は、ケリー州です。

1922年に、イギリスの飼育者のケイシー・ヒューイット夫人によって、この犬種のスタンダードが定められ、国際的な犬種として公認されました。

 

 

 

(新・犬種大図鑑より抜粋)

 

 

顎鬚が特徴的ですね。。

 

お手入れが大変そうだけど(;^_^A

 

何でも屋、などと記載がありましたが

テリア種は基本的に勇敢で元気いっぱいですからね( ´艸`)

 

ドッグスポーツなどもほとんどいけるでしょう♪

 

なので

愛犬とはおうちでまったり過ごしたい・・・

という方には不向きといえるので、ご注意を(;^_^A