ピッポウ!

ピッポウ!

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

ピット・ブル

ご存知ですか?

いかにもな感じですよね( ´艸`)

「アメリカン・ピット・ブル・テリア」といいます。

 

娘が、アメリカでホームステイをしていたのですが、

ホストファミリー宅で飼われていたのが、このピット・ブルでした。

 

ネイティブな発音では「ピッポウ」と、言ってたそうで( ´艸`)

 

 

ホストファミリーの飼い犬、ピット・ブルの「ボス」💛

 

日本でも、時々見かけるけど、やはり少ないですよね。

 

 

アメリカン・ピット・ブル・テリア

 

原産国:アメリカ

起源:1800年代

初期の用途:闘犬

現在の用途:コンパニオン

 

体重:14~36㎏

体高:46~56㎝

 

 

 

ヒステリーといえば、現在ではこの犬種の名前が思い浮かびます。

スウェーデンでは締め出され、グレート・ブリテンでは去勢され、口輪をはめられ、北アメリカのいくつかの地域では持ち込みを禁じられたピット・ブル・テリアは、歴史的に有名な闘犬のための犬種改良の犠牲者であると同時に、マスコミの犠牲者でもあるのです。

悪いのは、この犬が持っている生まれつきの粘り強さと力に付け込んで、猛烈な訓練によって鍛え上げ、動物だけでなく、人間までも攻撃する闘犬用のピット・ブル・テリアをつくり続ける飼い主です。

 

 

このカラーは、訓練用というより、強面を演出するためのアクセサリー。 いずれにせよ、不必要なモノ!

 

子犬の時から、命令に従うように訓練を受ければ、この犬種の多くは、人懐っこい、社交的な犬になります。

 

犬種の歴史

かつて、世界中で戦いのための犬種が作られていた時代がありました。

この犬種は、スタッフォードシャー・ブル・テリアをもとに、絶滅した闘犬用のブル・ドッグを始めとする他の闘犬との交配によって作り出されました。

 

(新犬種大図鑑より抜粋)

 

 

闘犬は、大抵の先進国では禁止されています。

アメリカや日本も、もちろん禁止だけど、地方などでアングラで開催していたりするようで・・・

 

闘犬用に飼育されている犬たちにとっては、過酷な環境と言えるでしょう(´;ω;`)

 

なんども言いますが、犬は飼い主次第です。

幸せな犬生を送れるよう、飼い主は出来るだけ、努力しなくてはいけませんよ~