マリノワ

マリノワ

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

今日は台風7号の影響で、関東地方は猛暑に襲われております・・・

外に出るのは危険な暑さ。

しかし、出ないわけにもいかないし~

なるべく日が落ちてからにしましょう。

間違ってもこんな暑い中、わんちゃんを外に出してはいけませんよ。

 

話は変わりまして

犬種シリーズです。

本日は「マリノワ」

ものによっては「マリノア」と書かれたりしてますけど。

dir02201

 

原産国:ベルギー

起源:中世、1800年代

体重:27.5~28.5㎏

体高:56~66㎝

 

ベルギーのシェパード犬の中ではもっとも早く確立された犬種。

マリノワという名前の由来は、このタイプのシープドッグが最も多いマリーヌという町の名前によります。

体形はジャーマンシェパードに非常によく似ています。

ベルギーのシェパードドッグには他に、グローネンダール、タービュレン、ラークノアがいます。

新犬種大図鑑より

 

かなり、マイナーな犬種でしが、その最大の理由はご存知ジャーマンシェパードに似ていたからだそうです。

余程犬に興味の無い人でも、ジャーマンシェパードとコリーは知ってると思います。

 

まあ、ハリウッド映画やドラマの影響なんですけどね。

 

ジャーマンシェパードの有名犬といえば、「名犬リンチンチン」

(古いかな?)

 

コリーの代名詞「名犬ラッシー」は子供の頃に見ましたよ。

 

でも子供心に、「なんでラッシーは放浪してるのに毛が綺麗なのかな?」

と疑問でしたけど。

 

「パーソンオブインタレント」という海外ドラマを観ていたら、なんと出てきたんですね~マリノワが。

 

強面の主人公が、これまた強面の連中のアジトに乗り込んだら、このマリノワが悪者にリードを持たれ、吠えまくっていたのです。

主人公は「ベルジアン・シェパード・マリノワだ、こいつはオランダ語で訓練するんだ、イラクでよく見た」

などど言って、オランダ語で命令を出すと、マリノワがぴたりと黙るのです。

暗に軍用犬だと言っているわけですよ。

 

ドラマの中では、結局主人公がこのマリノワを引き取るんですけどね。

 

最近では北米や欧州などで優秀な警察犬または軍用犬、護衛犬として人気が出ているらしいです。

 

まさかドラマを観て衝動飼いする人はいないとは思いますが・・・

簡単に飼える犬種ではないけれど、興味はありますね。

 

それにしても、海外ドラマや映画は、さらりと、しかし結構な頻度で、犬やその他の動物が登場します。

映し方も素晴らしい!

 

やはり文化の違いですかね~