何もしないでいるのが辛いのは、ヒトだけではありません。

何もしないでいるのが辛いのは、ヒトだけではありません。

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

某情報バラエティ番組を観ていたら

 

昨年、

新型コロナウイルスに感染し

自宅で療養生活を余儀なくされた

元プロ野球選手が出演しておりました。

 

この方は

PCR検査で陽性反応が出たため

自宅療養になってしまったのですが

当人には一切自覚症状は出なかったそうです。

 

しかし

2週間の自主隔離生活をしなくてはならず

何も出来ないのが

とても辛かった・・・

と、話していました。

 

なーんにも出来ない、やる事がない

何もしないで時を過ごす

というのは

とても苦痛な事・・・

 

これはヒトだけの話ではありません。

 

ヒト以外の動物だって

なにもしないで時を過ごす

というのは

とても苦痛です。。。

 

 

普通の飼い主さんが

愛犬に求める事は

まずは、落ち着いて日常生活を過ごす事が出来る

という事ではないでしょうか?

 

だからといって

何もしないでいる、という事は

何度も書いてますが

苦痛となります。

 

頭を使ったり、身体を動かしたりして

発散をしないと

落ち着く事は出来ませんね。

 

 

特別な事をする必要はなく

いつものフードのあげ方を工夫するだけでも

OKです♪

 

ご飯は

朝、晩2回、フードボールから与える

必要は全くありません。

 

1日の必要量を

何回かに分け、

 

コングや知育玩具に入れて

工夫や努力をして

獲得してもらいましょう(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

この知育玩具は

転がしていくと

下の小さい穴から、中に入れたフードが出てきます。

穴の大きさは調整出来るので

慣れてきたら

穴を少し狭くして、難易度をあげたりできます。

 

使い終わった後は分解して洗えます。

 

 

カイル君の場合は

在宅勤務中の夫が部屋に入ってくると吠えるので

(夫と仲が悪い)

このような知育玩具などを使って

気を紛らわせもらっています(;^_^A

 

 

昨年からの

新型コロナウイルス騒動で

自由に動けない日々が続いていますが・・・

 

 

何も出来ない辛さが実感できたところで(;^_^A

 

ペットたちの日常生活を見直すきっかけになると

いいですね🐕