女王陛下は動物好き💛

女王陛下は動物好き💛

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

とかく

欧州と日本の犬事情が比較されがちです(;^_^A

 

大抵は

欧州(米は入ってませんよ)は犬に対してこんなに先進的な対応なのに

日本では相変わらずひどい扱いだ・・・

という感じが多いですかね。。

 

欧州では公共交通機関に普通に犬が乗れるし

レストランやホテルなども

犬連れで普通に利用できるそうです。

 

自身で見聞してきてないので

あくまで聞いた話になってしまうのですがね・・・

 

まさしく文化の違い

ヒトと犬の距離というか付き合い方が根本的に違うんですよね。。

 

イギリスは

動物愛護の先進国ですが

19世紀までは相当ひどい扱いをしていました。。

 

それでも犬は家族の一員で

庶民も貴族も

大事に飼っていたようです。

 

ペットではなくて

仕事の相方としてね🐕

 

 

ネットフリックスで

「ザ・クラウン」という

イギリス王室(あくまでフィクション)のドラマを見まして

犬がよく登場するのが楽しみの一つでした(;^_^A

 

エリザベス女王がしっぽのあるコーギーを飼っているのは有名です♪

(欧州は断耳、多分断尾も禁止)

バッキンガム宮殿の中をコーギーたちが走り回っている姿は微笑ましいです( ´艸`)

 

他にもちょいちょい色々な犬種が登場していました( ´艸`)

 

その中でも特に目立っていたのが

「ディアハウンド」です🎵

 

 

ディアハウンド

 

原産国:イギリス

起源:中世

初期の用途:シカ狩り

現在の用途:コンパニオン

体重:36~45㎏

体高:71~76㎝

 

 

 

 

かつて、優美で物静かなディアハウンドは、スコットランド貴族以外の所有が禁止されていました。

スコットランド高地の森深くシカを追わせるため、ディアハウンドが改良されたのはこの時代です。

1700年代の森の衰退、鉄の導入と機を同じくして、この犬種は人気を失いました。

今日、この貴族的な犬が最も普及しているのは南アフリカで、スコットランドの生息数は極めて少なくなりました。

外見はグレイハウンドに非常によく似ていますが、こちらの被毛は水を弾きます。

気立てがよく、他の犬ともうまくやっていきます。

 

犬種の歴史

記録によれば、この、遠くを見るような風貌のディアハウンドの起源は中世であり、当時スコットランドの族長が狩りに使ったという事です。

1746年に起こった氏族制の崩壊は、種の存続を危うくさせました。

後にこの種を再興したのは、地方のブリーダー、ダンカン・マクニールです。

 

(新・犬種大図鑑より一部抜粋)

 

 

 

 

 

 

都市部で飼う犬ではありませんね(;^_^A

 

スコットランドの大自然の中がよく似合います♪

 

ドラマの中でも

エリザベス女王がスコットランドなどのお城に行った時に

いましたよ( ´艸`)