慣れておいた方が良いもの♪

慣れておいた方が良いもの♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

犬を飼ったなら

 

身体の大きさに関わらず

しつけをする事が必要になります。

 

しつけをしなければ、犬は分かりません。

言語動物ではないので

言葉で説明しても当然わかりませんね(;^_^A

 

 

犬に何かをさせる

という事に意識がいきがちですが

 

新しい行動は何歳になっても覚えられます。

 

 

まだ警戒心が低いパピーのうちに

色々なものに慣れておくと、後々色々と助かる事があります。

 

その中の1つに

「口輪」があります。

 

口輪は

吠え防止ではありません。

噛みつくのを防ぐために使います。

 

ネガティブなイメージがあるかと思いますが

 

口輪を付けられるようになっておくというのは

犬自身にとってもメリットがあります。

 

噛みつく癖がある子でしたら

 

獣医さんに行った時や

トリミングなどに行った時に

安全に施術してもらう事が出来ます(;^_^A

 

色々な形がありますが

バスケットタイプがおすすめ。

 

 

 

 

 

 

隙間からトリーツを入れらるし

呼吸をするのも苦しくありません。

 

おやつをあげにくかったら

正面の網は取ってしまってもOKです。

 

 

いきなり捕まえて無理に装着したりしてはだめですよ。

犬にとって嫌な物になってしまいます。

 

下手したら二度と装着出来なくなるかもしれません。

 

時間をかけて

少しずつ慣らしましょう。

 

 

とても警戒しているなら

何もせず口輪を床に置いておきます。

 

警戒しなくなったら手に持って見せてトリーツ。

 

側によってきたらトリーツ。

 

口輪に対して良いイメージをもってもらいます。

 

手に持って

バスケットの中にトリーツを入れて

マズルを入れてトリーツを食べてくれたら

隙間からトリーツを追加します。

 

しばらく慣れてから

バックルを止めてみて

最初はすぐに外します。

 

個人差があるので

進め方はそれぞれですが

大体このような感じで、時間をかけて慣らしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は練習してから口輪を使っています。

 

今ではお散歩中口輪を装着していても大丈夫です♪

 

 

 

 

少し怖がりだけど、普段はとても聞き分けの良い子です。

 

 

 

彼は5才ですが

ゆっくり慣らして装着出来るようになりました♪

 

 

口輪に慣れる練習、やってみて下さい(^^♪