映画の中の動物たち♪

映画の中の動物たち♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

ハリウッドの映画の祭典

2019年度 第91回 アカデミー賞が発表されましたね♪

映画の賞というものは

各地で大小色々ありますが

やはり、アメリカハリウッドのアカデミー賞は華やかで世界中が注目しますね🐇

今年の作品賞は「グリーンブック」

アカデミー賞らしい作品のようです。

まだ未見ですが(;^_^A

先週

女王陛下役の主演女優オリビア・コールマンが

アカデミー賞 主演女優賞に輝いた

「女王陛下のお気に入り」

を鑑賞してきました。

18世紀初頭のイングランドの宮廷を舞台にした人間ドラマです。

平日にも関わらず、場内はほぼ満席(;^_^A

アカデミー賞効果でしょうかね?

ストーリーは・・・

女王陛下と、幼馴染で付き人の女と、その従妹で新しい侍女との人間ドラマ。。

まあ、日本人にはちときついブラックユーモア?かな~

毒がきつすぎるっていうか・・・

エンドロール終了後、ほぼ満席の場内が無言だったっていうのがね(;^_^A

内容は置いておきまして

劇中、動物が結構出てきましたよ♪

ストーリーには直接関係ないですけどね( ´艸`)

外国映画は動物が普通にたくさん出てくるのがいいですね💛

こちらの映画で活躍していたのは

まずうさぎちゃんたち🐇
この🐇ちゃんたちはストーリーにおおいに関係しています。

中世で一番早い乗り物、馬🐎

イギリス人は犬が好き🐕

がちょうも一役かってましたね。。

その中で

気になったのが

性格の悪い女王陛下の付き人と従妹で新侍女の二人
がキジ撃ちをやるのですが

鳥を打ち落とすと待機していた犬が回収に行くシーンです。

鳥を撃ちながら、色々意味深な事を話しているのですが

会話の内容より回収に走る犬の犬種が気になったのでした(;^_^A

イングランドっつうからにはイングリッシュセッターかな?

でもどうも大型ミュンスターレンダーに見えるな~

と、いうわけで

「大型ミュンスターレンダー」です( ´艸`)

大型ミュンスターレンダー

原産国:ドイツ
起源:19世紀
初期の用途:追跡、ポイント、回収
現在の用途:コンパニオン、ガンドッグ
体重:25~29㎏
体高:59~61㎝

大型ミュンスターレンダーの血統が今日まで生き残っているのは、積極的な理由よりも消極的な理由によります。

ジャーマン・ロングヘアード・ポインターの数が減少するに従って、この犬種を保護するためのブリード・クラブが、生まれ、レバー&白の犬種だけをスタンダードとして採用しました。

しかし、その後も黒&白の子犬が度々生まれたので、ドイツのミュンスター地方のハンターたちがその形態と機能に関心を寄せるようになり、引き続きそうした犬種を繁殖したのです。

ハンターたちは、繁殖した犬を小型ミュンスターレンダーと区別する必要が出てきたところでブリード・クラブを結成しました。

現在、この犬は、親しみ深い犬種として愛育されています。

犬種の歴史

ドイツの不定形の鳥猟犬が祖先ですが、当初は、レバー&白をスタンダードとするジャーマン・ロングヘアード・ポインターの変種(黒&白)として登場しました。

1919年にこの犬種のブリードクラブが結成されて以来、小型ミュンスターレンダーと同様に、本国外でも次第に人気を高めつつあります。

(新・犬種大図鑑より抜粋)

ドイツ原産の犬でしたね(;^_^A

どこの原産の犬かまで特に気にしてなかったのか?

もしくは
ブラックユーモアですよ、という意味なのか?

宮殿の門番の横にいた犬も
どう見てもグレートデーンだったし(;^_^A