犬が島🐕

犬が島🐕

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

映画鑑賞の感想シリーズ

本日は映画「犬が島」です。

ウェス・アンダーソン監督・脚本

2018年に劇場公開されました。

劇場で鑑賞できなかったので
Amazonprimeにて字幕版を鑑賞♪

2019年度アカデミー賞長編アニメーション部門にもノミネートされています。

惜しくも?受賞は逃しましたが・・・

しかし
大変面白く鑑賞しました。

とても素晴らしい作品ですよ☆☆☆☆☆

☆5つは、「チャッピー」以来です( ´艸`)

タイトル通り、犬の映画です。

架空の都市、日本のメガサキ市が舞台です。

「ドッグ病」が蔓延し、メガサキ市の犬はすべてごみの島へ追放になってしまう。

12歳の小林アタリ少年は、
ごみの島へ追放されてしまった愛犬「スポッツ」を探すため
単身、小型飛行機を操縦し、ごみの島へ乗り込みます。

そこで出会った5匹の犬たちと、スポッツを探す旅を続けるというストーリー。。

少年が愛犬を探す旅・・・これでもう泣いちゃいますよね(;^_^A

かといって
お涙頂戴物ではありませんよ。。

犬語がEnglishで人間語は日本語。。

へんてこ日本ワールドが盛りだくさん!
アタリ少年は靴下に下駄だし・・・

アタリ少年の叔父で、メガサキ市の市長でもあり
犬追放令の張本人の悪役、コバヤシ市長はアウトレイジみたいな顔、
だと思ったら、本当にアウトレイジだったし・・・

まあ。ブラックユーモアという事なんでしょうけど

犬たちはとてもよくできていました。

顔の表情、毛の質感、各自の性格やセリフなど
とても良かったです💛

それにしても

犬に対する扱いは、日本は反省しなくてはいけませんよね。

この映画を見た欧米人は、
日本っちゅう国は、犬をこんな風に扱ってるんか?
と、驚いたに違いありません。

違いますよ、いくらなんでもここまでひどくはありませんよ
もう少し、マシですよ。。

なんて言い訳は、情けないですよね・・・

とある地方では

指定大型犬種を飼育するには
檻を作り、その中で飼育しなくてはならない

という条例がいまだに疑問も無く存在していますし。。

そもそも

日本人の約40%は

犬が好きではない、もしくは嫌いだ

というアンケート調査の結果があるとの事ですので

まずは、日本人に犬という種を理解してもらうところから
活動していかなくてはいけないのかもしれませんね・・・