社会化、って?

社会化、って?

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

わんちゃんのしつけの中で一番大事な事の一つに

社会化のレッスンがあります( ´艸`)

子犬をお迎えしたら

まずは、社会化をしましょう💛

社会化ってどんな事をすればいいのかな?

というか、そもそも、社会化って?
と、思われる飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんね(;^_^A

「犬の社会化」という単語?は、ここ数年でよく耳にしたり
しつけの本や、インターネットのしつけに関するまとめサイト
などでも目にしたりするのではないかと思っていたのですが・・

「社会化?いや、知らないです。。」
「そんな言葉は初めて聞きました。。」
と、言われる事も結構あります(;^_^A

子犬の社会化の目的とは?

これから人間社会で暮らしていくうえで、遭遇するであろう
色々な刺激に慣らし、
刺激(人、物、他の犬、その他の動物など)に遭遇しても
無視出来て、且つ飼い主に注目出来るスキルを身に付ける
という事です。

お友達を増やす為ではありませんし

社会化トレーニングをしっかりやっておけば
問題行動が起こらない、わけでもありません。

どんなに、色々な物に慣らしたと思っても
恐怖を感じる体験をしてしまうと、もうそれはダメ!
という事は起こりますね・・・

そこは人と同じです(;^_^A

なので

社会化に過度な期待は禁物ですが
かといって大事なトレーニングである事に間違いはありません。

生後2か月くらいまでが適正な時期と言われています。

まだ警戒心より好奇心の方が強く、色々な刺激に慣れやすいというわけです。

長時間お留守番をしている子は、
色々な刺激に慣れていないので、とても怖がりますが
トレーツを食べれるなら、どんどんあげて
色々な刺激に対して良いイメージを持たせてあげて下さい。

トレーツも食べれない
という事なら、その刺激から離れてトリーツが食べれる所まで
距離を取って、トリーツをあげます。

3、4か月以降は?

ちょっと注意が必要となってきます。

警戒心が強くなってくるので
2か月までの子犬よりは、注意深く観察して
無理は禁物です。

犬のお友達を作ろうとして
無理矢理そばに近づけたりしてはいけません。

相手が年上で、他の犬との接し方が上手な犬なら
様子をみながら挨拶をしてみてもよいのですが

イケイケなタイプの子に、ぐいぐい来られたら
他の犬が嫌いになってしまうかもしれません。。

もし、怖がっている様子が見られたら
すぐに離れてあげて、トリーツをあげて下さい。

外の場合は、子犬にとっても色々な刺激がありますから
特に大好きな美味しいトリーツを用意すると良いですね( ´艸`)

社会化は大事なトレーニングなのですが
子犬の様子を良く見ながら、続けてあげて下さい🐕