高貴な犬♪

高貴な犬♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

イスラム圏では

「犬は不浄」な動物とされています(´;ω;`)

 

反対に猫は愛されているようです・・・

 

なんでも

預言者ムハンマドが猫を溺愛していたから

 

という説があるそうで・・・

(諸説あります)

 

だからって

「不浄」扱いしなくてもいいじゃなかと思うのですが・・

 

 

「謎の独立国家 ソマリランド」

高野秀行著作

 

ソマリランド、および周辺国は

ほとんどがイスラム教徒

 

アフリカもムスリムが多いんですね。。。

 

市場でも市街地でも猫はいても

ほとんど犬の姿はなく

 

たまにうろいついている犬を

犬好きな高野氏が撮影しようとすると

現地のソマリ人たちが、犬に石や棒を投げて追い払って

しまう・・・

 

撮影の邪魔だ!という事らしいのです。

 

高野氏が慌てて制止しても

全く聞き入れてもらえなかったようですね。。。

 

 

その箇所を読んで

「うう、、かわいそうな犬たち。。」

と、心を痛めたワタクシです(;^_^A

 

 

そんなイスラム圏の中でも

別格扱いの犬がいます。。

 

サルーキです♪

 

 

サルーキ

 

原産国:中東

起源:古代

以前の用途:ガゼル狩り

現在の用途:コンパニオン、ウサギ狩り

体重:14~25㎏

体高:58~71㎝

 

 

 

 

 

 

イスラムの原理主義者にとって犬は不浄ですが、サルーキだけは特に神に許され、信者と一緒の家で暮らすことが出来ました。

ベドウィンの狩りは、訓練された鷹に急襲されてスピードの落ちた獲物を、サルーキが捕らえて罠に落とすというやり方でした。

最初サルーキは狩りに行く際、足を焼けた砂から守るためにラクダに乗せて運ばれました。

今日では車で運ばれる事が多いです。

 

 

犬種の歴史

サルーキは、エジプトのファラオの墓に刻まれた犬にとてもよく似ており、遊牧民ベドウィン部族の狩りのお供をしていました。

サルーキは一番長く選択交配が繰り返された種の可能性があります。

 

(新犬種大図鑑より一部抜粋)

 

 

 

 

 

 

サイト・ハウンド(視覚ハウンド)

のグループです。

 

サルーキは日本でも時々見かけます♪

 

 

このグループは

 

どこまでも広がる砂漠などで目で獲物を探して追うという

スタイルで狩りをしていました。

 

現在はコンパニオンとして飼われている事が多いと思いますが

十分な運動量と

動く物に対する反応速度に注意が必要でしょう。。

 

 

小さい頭と遠くを見る澄んだ目

切れ上がった腹と

スラリと長い手足

 

獲物を追って

砂漠を駆け抜ける姿は、さぞかし神々しいのでしょう♪

 

 

犬を愛する気持ちはあるのでしょうから

 

その他の犬たちにも

もう少し寛大な心で接してくれればいいのにな・・・

 

 

まあ

そういう問題ではないのでしょうけれど(;^_^A