ドッグトレーナーBLOG

わんこはどこで飼うのがいいのか?

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

残暑が厳しいと思ったら、今日はお天気が悪くて涼しい・・・

というか肌寒いくらいですね(;^_^A

 

寒暖差が激しくて

人もペットも体調管理が難しい今日この頃です。。

 

昨晩

SDSのスタッフや卒業生のみなさんとの交流会に

参加してきました( ´艸`)

 

今回はわりと少人数でしたので

色々なお話が出来て楽しかったですよ♪

 

ネタは

当然犬に関する話( ´艸`)

 

その中で

先日フジテレビ「バイキング」に出演した鹿野先生が

「坂上忍はえらい怖かった・・・」

と発言。。

 

CM中に必ず楽屋に戻って一服するとか

へまなADにブチ逆れるとか・・・

 

別に庇うわけではありませんが

「子役時代はあんなにかわいかったのに・・」

とワタクシ

「ふしぎ犬トントン」の時はとてもかわいかったと主張したのですが

みなさん、そのような番組は知らないと。。。

 

 

 

 

 

 

エアデールテリアが出ているテレビ番組なのに(;^_^A

 

このような話で盛り上がっている中で

日本犬の話が少し出ました。

 

今年のJAPDTのカンファレンスの時にも話題になったそうですが

 

現在主流となっているトレーニング理論は欧米から入ってきたものです。

欧米と日本では

当然ながら、住環境がかなり違ってきますし

国民性というか「飼い犬」に対する意識も違います。

 

そのような部分を無視して欧米流の飼い方やトレーニングをそのまま当てはめるのは

無理があるだろう

という事です。

 

特に、日本犬は洋犬とはやはり違います。。

 

欧米は主に犬の品種改良というのは、

ある仕事をさせる目的にかなうように選択繁殖をしてきました。

 

仕事をさせるには、犬をコントロール出来なくてはなりません。

犬のトレーニングとはコントロールする事が目的、というところから出発しているようです。

 

一方

日本では

そもそも犬には価値がありませんでした。

明治まで食べられたりもしましたし(;^_^A

 

主に、その村や里、町などで地域くるみで餌をあげている地域犬的な

飼い方をしていたわけですね。

(狆は別)

明治になって欧米流の飼い方や価値のある洋犬が入ってきたわけです。

 

そのような流れから

日本犬は意図的というか、目的に合わせて品種改良をしようというような

繁殖の仕方を行ってきていないので原種に近いと言われています。

 

ひと昔前は、犬は外で繋いで

人の残り物をやる、という飼い方。。

飼う目的は主に番犬(;^_^A

 

なんとなく庭先にいる、という感じでしたね。

犬の方も別にそれでも構わない、という雰囲気(多分)

 

日本人的には犬を飼うという事は

 

何かをさせる

というよりは、なんとなく一緒にいる存在。

 

自然にいてくれればいい

という意識の方がほとんどではないでしょうか?

 

最近は大型犬でも

家の中で飼われている事がほとんどですね(主に都市部)

 

 

 

 

 

 

ただ

日本犬の場合は、家の中での飼育が本当に良いことだろうか?

という疑問が最近出てきているようです。

 

シバ犬は飼育頭数も多いのですが

結構アレルギーを起こしている子が多いいです。

 

一因に家の中で飼われている事のストレスではないか?

と言われ初めているようです。

 

現在の日本の家はとても気密性が高くなっています。

この気密性の高さが日本犬の体質には合わないのではないかというのです。

 

人との距離の近さも問題です。

パーソナルスペースを広くとりたがる子が多いのです。

 

外飼いしている日本犬には

アレルギー問題や、問題行動などは少ないそうです。

 

もちろん個体差やそれぞれ事情があるので一概に外がいい!

という問題ではありませんが

日本で犬を飼うという事に必要なトレーニングは何か?

犬にとって良い環境とは何か?

 

というところを見直す時期なのかもしれませんね・・・


ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

先日

受講した「パピートレーニング見直し塾」

の講師、鈴木博美さんから愛犬のお話がよく出ました。

 

ゴールデンレトリーバーがメインのようですが

ちょっと変わり種のレトリーバーもいいな

と、考えた結果

ノヴァ・スコシア・ダック・レトリーバーという犬をお迎えになったそうです。

 

面白おかしく( ´艸`)

お話をして下さいましたよ♪

 

顔が芸人の〇〇カンペイに似ている、とかで

カンペイと呼んでましたが、本名はもちろん違いますよ(;^_^A

 

日本ではマイナーなレトリーバーではないかと思います。。

 

ちなみに

ワタクシは実物にはお目にかかった事はありません( ^ω^)・・・

 

そこで

「ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー」です。

 

 

ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー

 

 

 

 

原産国:カナダ

起源:19世紀

初期の用途:水禽のフラッシング、回収

現在の用途:ガンドッグ、コンパニオン

体重:17~23㎏

体高:43~53㎝

 

カモやガンをショットガンの射程範囲におびき寄せ、ハンターが打ち落とすと水中からそれを探し出して回収するという、ちょっと変わった働きをする犬種。

ハンターが岸辺の隠れ場から岸沿いに放り投げた棒切れを、この囮犬が元気よく飛び出して回収します。

ただし、吠えたりはしません。

カモやガンが関心を持って岸辺に近づいて来るまでには、棒切れを何度も投げなければならないかもしれません。

水禽が射程内に入ると、ハンターは一旦犬を隠れ場に呼び戻し、立ち上がります。驚いた水禽が飛び立ったところで打ち落とします。

そこで、今度は囮犬が有能な運搬回収犬として活躍します。

 

犬種の歴史

トーリング(古英語のtollenに由来する言葉で「おびきよせる」という意味)用のレッド・ディーコイ・ドッグが主人に伴われてイギリスからノヴァ・スコシア半島に渡ったと考えられています。

レトリーバーや実用スパニエルと交配して、1945年に認定されました。

 

(新・犬種大図鑑より抜粋)

 

 

 

レトリーバーと名がつくわりには小柄の部類ではないでしょうか?

ガンドッグのスプリンガー・スパニエルなどと同じくらいの大きさみたいですね・・

 

 

日本国内で飼育する場合でも

犬種本来の能力を生かせる機会があるといいのですけれどね(;^_^A

 

飼い主さんが猟を行っている場合は活躍する機会もあるかとは思いますが

普通はやってないですからね・・

 


パピートレーニングは必要です♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

昨日

横浜にて

「パピートレーニング 見直し塾 vol2 パピートレーニングの3本柱」

セミナーに参加してきました♪

 

ノーズワークでお世話になっているスニッファードッグカンパニー主催です。

 

https://www.facebook.com/snifferdogcompany/

 

 

4月にvol1を受講したのですが

とても面白かったので今回も楽しみに受講させて頂きました( ´艸`)

 

講師の鈴木博美さんはアメリカ在住

サンディエゴで犬のデイケアサービスを行っていますが

関西ご出身との事で

日本語はばりばりの関西弁♪

 

関西弁でマシンガントークをぶっぱなし

お笑いライブのようなノリ♪

 

今回も最初から最後まで笑わせて頂きました( ´艸`)

 

もちろん

内容もとても勉強になりましたよ(;^_^A

 

 

パピーレッスンはなぜ大事なのか?

大事というより

やるべきなんですけどね。。

 

人間の子供だって

地域や社会に受け入れてもらうには

きちんとしつけをしなければいけませんよね?

 

放置していたら

野猿になってしまいます(;^_^A

(もちろん例外もありますがそれは置いておいて)

 

犬も同じです。。

自然に良い子になるわけではないのです。

 

「なんにもしなかったけど良い子だった」

というお話を聞く事もありますが

たまたま色々な偶然が重なって、うまく社会化が出来たのではないかと思います。。

 

内容は

見直し塾にふさわしいものでありました( ´艸`)

 

とくに

飼い主さんへの説明の仕方

の、説明がとてもわかりやすくて面白かったので

早速使ってみようかと思っています!(^^)!

 

社会化と一口に言っても

飼い主さんの希望

そのわんこの状態、性質、月齢

地域社会に迷惑をかけないか?

などなどをよく確認し目標を明確にして

計画を立てる。。

 

基本的な事なのですが

正解がありませんからね(;^_^A

 

お昼休みに

物販もありましたが出遅れてしまい(;^_^A

 

目ぼしいものは売れてしまっていましたが

今回は美味しそうで使いやすそうなジャーキーを仕入れました♪

 

 

 

 

 

次回vol3は来年1月との事

楽しみです(^^♪