ドッグトレーナーBLOG

ディンゴ♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

BSNHKで放送されている「ワイルドライフ」

この前、「ディンゴ」のある家族を追った記録が放送されていました🐕

ディンゴは
野生の犬と紹介されていました(;^_^A

野生なので、
詳しい生態などはまだまだ謎のベールに包まれているそうです。。

見た目は、
こう言ってはなんですが
その辺に普通にいる、雑種の犬のようです(;^_^A

新犬種大図鑑には

このように紹介されています。。

ディンゴ

原産国:オーストラリア
起源:古代
初期の用途:キャンプを守る番犬
現在の用途:飼育はまれ
体重:10~20㎏
体高:最高53㎝

ディンゴはまだ完全には家畜化されていない犬種です。

これは遠く隔絶されたところに生息し、さらに人間の手も入らなかったことによる結果でした。
この犬には、他の犬種とその祖先であるアジアプレーンオオカミを区別する密集した歯や短い顎は無く、雌の発情期も年に一回だけしかありません。

従来オーストラリアのアボリジニーにペットとして飼われていたディンゴは、番犬、キャンプ清掃係、そして時には緊急用の食糧としての役割も果たしていました。

現在、コンパニオンアニマルとして飼われる事は皆無に等しいでしょう。

犬種の歴史

ディンゴがオーストラリアにやってきた4000年前は、奇しくも土着の肉食性有袋動物であったフクロオオカミがオーストラリア大陸でその姿を消そうとしている時でした。

(新・犬種大図鑑より抜粋)

短いですね。。

まあ、詳しい生態がよく分かっていないので、あまり書く事が無いのでしょう・・

あるディンゴの家族を追った記録はとても貴重なものといえます。

家族構成は
お父さん、お母さん、昨年生まれた息子と娘

お母さんは、次の出産を控えています。

息子は、両親の縄張りから出て行かなくてはならないのですが、娘はお母さんの育児のサポートに入る事が多いそうです。

ところが、

何かの事情で娘が亡くなってしまったので
急遽、息子が育児を手伝う事になりました。

お母さんは、なんと9匹も出産したのです。。

この大きなお兄ちゃんは、とても献身的に小さい弟妹の面倒をみていましたよ( ´艸`)

息子が育児を手伝うというのは、珍しい事だと紹介されていました。

しかし
野生動物を、野生の状態で観察するというのは
大変な事です。

単に
人が確認していないというだけで
よくある事かもしれませんよね💛

人の悪い所は
人以外の動物は、みんな人より劣っていると思いあがっている事だと思います。

お兄ちゃんは一生懸命イクメンしていました♪

ディンゴは、犬とはいえ
野生だからか、「ワン」とは吠えていませんでした。

オオカミのように遠吠えをしていました。

キツネなどは、家畜化して何世代かたつと
耳が垂れてきて、人に甘えるようになるそうです。
鳴き声も犬のような感じになってきます。

ディンゴは
家畜化とは逆をいっている
という事になるのでしょうかね・・・


社会化、って?

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

わんちゃんのしつけの中で一番大事な事の一つに

社会化のレッスンがあります( ´艸`)

子犬をお迎えしたら

まずは、社会化をしましょう💛

社会化ってどんな事をすればいいのかな?

というか、そもそも、社会化って?
と、思われる飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんね(;^_^A

「犬の社会化」という単語?は、ここ数年でよく耳にしたり
しつけの本や、インターネットのしつけに関するまとめサイト
などでも目にしたりするのではないかと思っていたのですが・・

「社会化?いや、知らないです。。」
「そんな言葉は初めて聞きました。。」
と、言われる事も結構あります(;^_^A

子犬の社会化の目的とは?

これから人間社会で暮らしていくうえで、遭遇するであろう
色々な刺激に慣らし、
刺激(人、物、他の犬、その他の動物など)に遭遇しても
無視出来て、且つ飼い主に注目出来るスキルを身に付ける
という事です。

お友達を増やす為ではありませんし

社会化トレーニングをしっかりやっておけば
問題行動が起こらない、わけでもありません。

どんなに、色々な物に慣らしたと思っても
恐怖を感じる体験をしてしまうと、もうそれはダメ!
という事は起こりますね・・・

そこは人と同じです(;^_^A

なので

社会化に過度な期待は禁物ですが
かといって大事なトレーニングである事に間違いはありません。

生後2か月くらいまでが適正な時期と言われています。

まだ警戒心より好奇心の方が強く、色々な刺激に慣れやすいというわけです。

長時間お留守番をしている子は、
色々な刺激に慣れていないので、とても怖がりますが
トレーツを食べれるなら、どんどんあげて
色々な刺激に対して良いイメージを持たせてあげて下さい。

トレーツも食べれない
という事なら、その刺激から離れてトリーツが食べれる所まで
距離を取って、トリーツをあげます。

3、4か月以降は?

ちょっと注意が必要となってきます。

警戒心が強くなってくるので
2か月までの子犬よりは、注意深く観察して
無理は禁物です。

犬のお友達を作ろうとして
無理矢理そばに近づけたりしてはいけません。

相手が年上で、他の犬との接し方が上手な犬なら
様子をみながら挨拶をしてみてもよいのですが

イケイケなタイプの子に、ぐいぐい来られたら
他の犬が嫌いになってしまうかもしれません。。

もし、怖がっている様子が見られたら
すぐに離れてあげて、トリーツをあげて下さい。

外の場合は、子犬にとっても色々な刺激がありますから
特に大好きな美味しいトリーツを用意すると良いですね( ´艸`)

社会化は大事なトレーニングなのですが
子犬の様子を良く見ながら、続けてあげて下さい🐕


日々の暮らしの中での安全🐕

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

昨日、2月3日は節分でした😃

子どもたちが小学生の頃は、豆まきをしたりしましたが

もう大きくなってしまったので、恵方巻を食べて終わりです(;^_^A

慣習の事は気にしないのですが
まあ、どこでも売り出すので、晩御飯にちょうどいいな
くらいの気持ちなのですがね(;^_^A

節分はさておき

昨日はセミナーに参加して来ました( ´艸`)

P-ALIVE主催
「ペット安全生活101」
というセミナーです。

ペットとの日常生活で、気をつけなくてはいけない事や
応急対応などを楽しく講義してもらいました♪

処置は獣医師でないとできませんので

あくまで、獣医師に診てもらうまでの緊急対応です。。

基本中の基本的な内容なのですが

事件事故は突然やってくるもの

日頃からの心構えが大事ですよね(;^_^A

日常生活における代表的な事件事故として

誤飲
けが、
発作
熱中症
火傷
胃捻転
害虫

が、あります。

その他
搬送時の対応や心構え
緊急電話のかけ方

などの対処方法を楽しく実技を交えて講義して頂きました♪

終わった後は、参加者や講師陣とティータイム☕

こちらのP-ALIVEさんでは

講師の養成講座も行っているとの事

飼い主さんたちにぜひ知っておいてもらいたい内容だったし

結構、なんとなくペットを飼っている飼い主さん、まだまだ多いので

草の根活動的な感じで広めていきたいと思ったので
講師養成講座、受講してみようかと思っております!

講師デビューしたら多摩地域の飼い主さんたちに、ぜひとも
聞いてもらいたいです( ´艸`)

受講者には、修了証も発行してくれます♪