Author Archives: wan-topia

マルチーズ×プードルMix Cちゃん♪

カテゴリー : お客様・生徒さん紹介

新しくパピーレッスンを始めてくれている

マルチーズ×プードルMixのCちゃんです。

 

Cちゃんはとても覚えが早い女の子です( ´艸`)

 

飼い主さんも頑張ってくれていますのでね♪

 

おトイレトレーはケージ内以外に

部屋の中の他の場所にも置いてもらったところ

もう失敗せず、トレーで出来るようになったとの事です(;^_^A

 

 

 

 

 

 

とてもお利口なのですが

外の環境に触れる時間が少ないので、そちらがちょっと気になる所です。。

 

家の前の通りは、小学生が良く通るとの事

小学生をみながらおやつをあげてもらうようにお願いしました( ´艸`)

 


初めてのお散歩♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

パピーレッスンを受けてくれている黒シバのS君♪

 

小柄だけど、とても元気な男の子です( ´艸`)

 

パピーレッスンでメインになる事は・・・

まずは、色々な環境に無理なく、楽しく、リラックスしながら慣れる事(;^_^A

 

これが案外難しい。。

 

黒シバパピーのS君は

抱っこ散歩でお外には出ているけど、最近降りたくて飼い主さんの手を噛むとの事。。

 

ワクチンが全部済んでいないうちは、外には出さないように

という指導をする獣医さんが多いですが。。

 

獣医学的な見解からはそういう事になるのでしょうが、トレーナーとしては、

大事な社会化の時期に新しい物に慣れる機会を与えないのはかなり残念な事と言えます。。

 

S君は、抱っこ散歩で外に出ていたけど、下に降りたくて暴れるのでかえって危ないという状態。。

 

外に出すな、という事は他のワンコやワンコのフンや尿

落ちている物、その他の動物に接触させないように、という事ですよね(;^_^A

(他に理由は無いと思うのですが・・)

 

これらの物に接触しないようにすれば少しの時間、下に降ろしてもいいと思います(;^_^A

 

パピーなので無理は禁物だけど

過保護すぎる必要もありません。。

 

気が付いたら、

外に出るたびに怖がるようになっていた、なんて事を避ける方がずっと大事だと思います。

 

 

 

 

 

 

初めておうちの前の道に降りたS君

しばらく地面の臭いを嗅いでいました(;^_^A

 

その後は、知らない人や、宅急便のトラックなどを見ながらおやつを食べました♪


大きな地震がきましたね(>_<)

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

今朝

7時58分頃

大阪北部を震源とする震度6弱の地震が発生!

 

通勤・通学時間帯を直撃・・・

電車、新幹線は止まり

高速道路は通行止め。。

 

死者も出て、重軽傷者多数との事。。

 

大阪方面で大きな地震が起きるなんて珍しい、と思うけど

もはや日本全国どこにいても、いつ大きな地震が来るかわかりませんね(;^_^A

 

避難所へ避難する事になった時、飼っているペットはどうするのか?

もちろん、人命第一です!

 

しかし、ペットは家族の一員ですからね

自宅を離れて避難する事になった場合、一緒に避難するようにと

環境省からもお達しが出ています。

 

ここで必要になる事の一つに

「ハウス」で落ち着いて一定時間待機出来る。

という事ですね(;^_^A

(他にも色々ありますけどね)

 

この場合の「ハウス」(クレート)はこのような物です↓

 

 

 

 

 

日頃から、「ハウス」の中で、落ち着いて(ここが肝心)待機する練習をしておくのがいいですね。

 

大きな災害の時は、行政も大混乱だと思うし

避難所にはたくさんの人たちが避難してきます。

 

動物が苦手な人もいます。。

 

ペットと同行避難専用避難所が設置されれば理想だけど(;^_^A

 

それでも、他のお宅のペットもせまい空間に一緒にいる事になるわけだから

やはり「ハウス」で落ち着いて待機できるようにしておくことは大事ですね。

 

初めて練習する時は

決して無理に入れてはいけません!

 

最初の1週間は部屋に置いておくだけ

まずは、「ハウス」の存在に慣らします。

次の1週間は、「ハウス」の中でゴハンをあげます。

それから

最初はおやつで誘導します。

中に入ったら、すきまからどんどんおやつを入れます。

そうやって「ハウス」に良いイメージを持たせて

「ハウス」のコマンドで入れるようにします♪

 

「ハウス」に入るようになったら、コングなどを一緒にいれて扉をしめ

始めはすぐに扉を開けます。

 

このように、少しずつ扉を閉めて待機する時間を延ばしていきます。

 

以上が

基本的な手順ですが

わんこや、トレーニングの度合いなどによって状況は色々なので(;^_^A

「ハウス」トレーニングがうまくいかないとお困りの方は

ご相談下さい( ´艸`)