Author Archives: wan-topia

フラット・コーテッド・レトリーバー♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

お盆休みですが

毎日暑い日が続いておりますね(;^_^A

 

愛犬はお元気ですか?

 

お休み中は、海、山、川など

ワンコとアウトドアレジャーを楽しむ機会も増えてきますね♪

 

牧羊犬種、ガンドッグ、レトリーバーたちの本領発揮!

 

やはり、

これらの犬種は自然の中でのびのび遊んでいる姿が、一番サマになりますね( ´艸`)

 

 

先週、スタディドッグスクールのようちえんの実習に入ったのですが

フラット・コーテッド。レトリーバー君が登園してきていました♪

 

見たことはあるけど、交流するのは実は初めて(;^_^A

 

トレーニングさせてもらいましたよ♪

 

若くて、力持ち!

まだ集中力が切れやすく、引っ張られるとかなり腰にきますが(;^_^A

指示もちゃんと聞ける良い子でした💛

 

そこで

フラット・コーテッド・レトリーバーです♪

 

フラット・コーテッド・レトリーバー

 

 

 

 

原産国:イギリス

起源:19世紀

初期の用途:ゲームの捜索、回収

現在の用途:コンパニオン、ガンドッグ、野外実施競技

体重:23~35㎏

体高:56~61㎝

 

毛並みの滑らかなこのフラット・コーテッドは、ニューファンドランド系の犬種を元にイギリスで繁殖され、20世紀の初頭までイギリスの猟場管理人の愛犬として飼育されていました。

しかし、ラブラドールとゴールデンレトリーバーが出現して以来、第二次世界大戦末期までにはほとんど絶滅してしまいました。

今日の堂々としてユーモラスなフラット・コーテッドは、一時はガンドッグとして流行した種類で、優秀な鳥猟犬であり、また水陸両用の優れた運搬犬として利用されています。

社交性があり多彩なこの犬の人気は高まるに違いありません。

ただ、ひとつ難を言えば、骨ガンの発生率が比較的高い事が挙げられます。

 

犬種の歴史

ニューファンドランド犬とニューファンドランドのセントジョンズ地方で産出した小型の作業犬を交配して、ウェイビーコーテッドレトリーバーが生まれました。

さらにセッターと交配して生み出されたのが、この陽気なフラット・コーテッドです。

 

(新・犬種大図鑑より抜粋)

 

 

 

 

 

 

色は、レヴァーと黒との事。

 

黒を見かける事の方が多いのですが

ようちえんに来ていた子はレヴァーでした。

 

レトリーバーの仲間は、訓練生が高いですからね( ´艸`)

飼い主さんも楽しみな事だと思います♪

 

 

 

 

 


「咬みつき」ますか?

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

関東地方に台風13号が来ていました。

来ている間は少し、涼しくて

ほっとしたのですが・・

 

去ったとたん、猛暑復活(;^_^A

暑いです。。

 

西日本はずっと猛暑が続いていますので

ホントにお気の毒です。。

 

わんこたちはどうしているでしょうか?

 

さて

表題の咬みつきですが

 

普通、犬は本気で「襲って(食って)やろう!」と思って人を襲う

事はしないものです。

 

ではどのように時に「咬みつく」事が多いのか?

 

子犬がじゃれて甘噛みする、などの場合は除き

 

大体は、恐怖心や警戒心が原因になっている事が多いです。。

興奮して、反射的に口が出てしまった、という事もありますけどね。。

 

追い詰められた犬は

「逃げるか、攻撃するか」

二択を迫られ、逃げられるなら、大抵は逃げます(;^_^A

 

逃げられない状況だったり

もしくは、元々攻撃的な性格だったりした時は、逃げるより攻撃する方を

選択する、という事もあるかと思います(;^_^A

 

いずれにせよ

原因を作っているのは人間、である場合が多いです(´;ω;`)

 

犬が怖がっていたり、嫌がっている様子はないか?

必ずストレスサインを出しているのですが、人が気が付かない事が多いんですね~

 

 

本気で人に噛みついてしまったら?

残念ながら、1度経験した行動は消去出来ません。。

 

いつ、どこで、どんな時に、誰に対して咬みついたか?

飼育環境は適正か?

 

原因を究明し、出来るだけ「咬みつく」行動が出ないように

飼い主さんが気を付けてあげたり

(咬みついた時のシチュエーションを繰り返さない)

環境改善をしたり

(実はこれが一番難しかったりする)

トレーニングしたりしますが・・

 

行動は消去出来ないので

気を付けないと、再び「咬みつく」行動が出る可能性があります。。

 

大事な事は

「咬みつく」という行動を経験させない事。。

 

予防が一番大事という事ですね(;^_^A

 

飼い主さんのその行動、わんちゃんはどんな反応をしていますか?

 

ケンカしたり

無理強いしたりしないで下さいね。。

 

人間の方が、犬より前頭葉が大きいのですから

犬が「咬みつく」行動をしなくて済むように

対処を考えてあげましょう♪

 

 


ハリアー♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

保護犬でハウンド系(と思われる)Mix犬、Jちゃんのお散歩レッスンに行ってきました♪

 

同居犬(レトリーバーっぽい)やご家族ともとても仲良し( ´艸`)

 

しかし、お散歩中に、自分の視界に「犬」などが入ると

大騒ぎをしてしまいます(;^_^A

 

獲物?と思っている節もあるかな・・・

 

スイッチが入る前におやつをあげて

「犬」→おやつがもらえる、と「犬」に対して良いイメージを持ってもらうように練習しています。

 

 

Jちゃんに似ている犬種はいるかなと、新・犬種大図鑑をめくっていたら

「ハリアー」という犬種が似ているかも、と思いました( ´艸`)

 

そこでハリアーです。

 

 

ハリアー

原産国:イギリス

起源:中世

初期の用途:ウサギ狩り

現在の用途:ウサギ狩り、キツネ狩り、コンパニオン

体重:22~27㎏

体高:46~56㎝

 

歴史によれば、1260年頃ブリティッシュ・ハリアーの群れである、ペニストンの一群れがイングランド西部に存在したとの記録があります。

後々の記録には、ウェールズではハリアーはありふれた群れ犬であったと書かれています。

しかし、今世紀までにこの犬種は原産国では絶滅寸前になっていました。

今日のハリアーはフォックスハウンドの血統を入れて再生したもので、スリランカではヒョウを狩り、合衆国東部ではキツネを狩り、コロンビア山脈では匂いを追う、フォックスハウンドとビーグルの気質がほどよく混合された犬種です。

本来のんきな性質で、他の犬種にもよくなつきます。ハリアーはコンパニオンとしても優れています。

フォックスハウンドより少し小型なので、ヨーロッパ及び、北アメリカでは将来、群れの中で暮らすよりは家族として飼われる方が多くなりそうです。

 

犬種の歴史

ハリアーは、イギリスの西武で少なくとも800年の改良を経た種であり、おそらくブラッドハウンドが、今日のビーグルの祖先にあたる犬と交配したものの子孫です。

この犬種の名前は、ノルマンフランス語で狩猟犬を意味する言葉「harier」からきています。

今日この犬種は、イギリスでもアメリカでも固定されています。

 

 

 

(新・犬種大図鑑より抜粋)

 

 

ハウンド系は、群れで狩りをするので、他の犬と馴染みやすいようです。

Jちゃんは同居犬とはすぐに仲良くなり、ご家族とも馴染んでいます💛

 

嗅覚も優れているので

ノーズワークをやると、とても面白いんじゃないかな♪