お・と・も・だ・ち🎵

お・と・も・だ・ち🎵

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

年々、気球規模で温暖化対策が叫ばれる昨今ですが

 

今年の12月は暑かったですね~

 

暑いというか、日替わりで暑い日と寒い日がやってきて

体調管理が大変ですね。。

 

それでもやっと師走らしい寒さがやってきましたね(;^_^A

 

わんこたちがイキイキする季節がやってきました♪

 

イキイキと明るい時間からお散歩出来るので

わりと集中的に他のワンコに会ったりします。

 

さて、そうなると

 

他のワンコが嫌いなタイプの子にとっては、緊張する事が増えるかもしれません。

 

よく見かける光景が

 

「ほら、おともだちよ~」

と、ご自分のわんこを出会ったわんこに近づけて行く。。。

 

相手のわんこもフレンドリーなタイプなら問題は起こらないかもしれませんが。。

他のわんこが嫌いなタイプなら

「こっち来るな!ぎゃー!」

と騒いだりしちゃいますね。。。

飼い主さんは「あらあら」

などとのんきな事を言っていますが

わんこにとっては必死なんですよ・・・

 

 

 

 

 

 

果たしてわんこにとって

「おともだち」は必要でしょうか?

 

わんこを飼う理由の一つに

犬友達が出来るから

という事があるそうです(;^_^A

 

ワタクシの知人は

近所の犬友達と忘年会までするそうです。

(2次会のカラオケ大会まである)

 

飼い主さん同士が、楽しく交流したり情報交換するのは良い事ではありますが、

当のわんこにとっては

それほど嬉しくないかもしれません・・・

(トレーナーの監督下で行うプレイセッションとはまた話は別です)

 

犬は1万年以上前からヒトと生活をしてきて

ヒトと一緒に仕事をするように進化してきています。

 

犬同士で遊ぶより、

飼い主さんと一緒に遊ぶ方が喜びを感じる、というデータもあるそうです。

 

もちろん、個体差や育った環境にも影響されるので

犬同士で遊ぶのが好きな子もいます。

 

ちなみに、うちのカイル君は犬同士で遊ぶのが好きです(;^_^A

わんプロも大好き💛

 

パピー時代、シェルターにいて犬たちと暮らしていた影響かな、とは思います。

 

飼い主さんとして気をつけて欲しいのは

 

相手のわんこが嫌がっている素振りをしていたら、むやみに自分のわんこを近づけない、

 

または、自分のわんこが逃げているのに

「ほらほら、おともだちよ」

などと無理にあいさつさせたりしない事です。。

 

 

 

 

 

 

ドッグランが好きな飼い主さん、結構多いですね。。

 

ノーリードで広い場所で

犬同士がわちゃわちゃ走り回っている姿は

犬ならではの醍醐味の一つではありますが・・・

(ヒトの妄想か?)

 

わんこの様子をよく見て

一方的に追いかけてないか、または追いかけられてないか?

怖がっていないか?

 

気を配ってあげて下さいね。。

 

わんこはみんな「おともだち」ではありませんので・・・