吠えて引っ張るワン!

吠えて引っ張るワン!

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

ヨークシャーテリアとペキニーズのミックスK君のトレーニングが始まりました。

お母さんからのご相談でしたが、お父さんも一緒にトレーニングを受けて頂くとの事。

嬉しいです!

ご家族が一緒にトレーニングをして頂く事は、わんちゃんにとっても、とてもプラスになります。

 

さて、一番のお悩みは散歩時の引っ張りと吠え。

早速お散歩に出ててもらいます。

まず、出かける前からすでに興奮。

玄関のドアを開けてもらい、門の前でリード装着。

開門とともに吠えながら走り出します・・・(苦笑)

 

元気なのはいい事ですけどね、朝の住宅街ではご近所迷惑ですね~

前方から通行人がやってくると吠えて飛びかかります。

進行方向に身体を入れて視界を遮っても、左右によけながら前方しか見ていない。

結構手ごわいですね。

まだ8か月だけど、大体5か月くらいから出始めたとの事。

約3か月続けている事になりますね。

スイッチが入ってしまって、まったくこちらに意識を向けられない状態です。

これ以上この行動を続けて欲しくないので、次回はちょっとしたびっくり道具を使う事にします。

(チョークチェーンなどは使いませんよ)

 

しかし、既に起きている行動を消す事は出来ません。

人にとっては迷惑な行動でも犬にとっては必要だから行っているのです。

(なぜ必要かはっきりとした理由までは分かりかねますが・・・)

びっくり道具だけではだめですよ、何度も使えば慣れてしまいます。

びっくりして引っ張りを止めた一瞬を褒めてトリーツ!

一瞬でも飼い主さんを見たらトリーツ!

犬の動きは早いですからね、飼い主さんにも頑張ってもらわないといけません。

合わせてアイコンタクトやヒールウオークの練習をし、犬にこちらの行動を選択するようにしてもらいます。

 

まずは、出かけなくても室内でリードやハーネスを付けたり外したりの練習をして頂き、大人しく出来た時には褒めてトリーツをあげる事と、リラックスポジションの練習をして頂くようアドバイスをしました。

 

img_20161002_121723_20161004144724

お父さんとハーネスを付けたり外したりの練習をしています