誰にとっても、痛ましい事故・・・

誰にとっても、痛ましい事故・・・

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

昨日

テレビニュースで、悲しい事故のニュースが流れました。

 

東京八王子市(近所!)で、生後10か月の赤ちゃんが、飼っていたゴールデンレトリーバーに、頭を噛まれ死亡した!というのです・・

 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170310/k10010905641000.html

 

どうやら、

飼っていたのは、その亡くなった赤ちゃんの祖父母で

保育園に通っていた赤ちゃんは、発熱したので(赤ちゃんはよく急な発熱があるよね・・)

祖父母が迎えに行き、祖父母宅で待機していたところ、この家で飼育されていたゴールデンレトリーバーが、突然赤ちゃんに噛みつき(´;ω;`)

赤ちゃんは、約2時間後に死亡したとの事。

 

ネット上でも、いろいろ書かれていますけど・・

 

もちろん、亡くなった赤ちゃんはかわいそうだけど

 

この犬はどうなっちゃうのかな?

殺処分なんてならなきゃいいけど・・・

犬には罪はないのだから( ^ω^)・・・

 

 

 

 

ドラマ、映画、CM、アニメの影響もあるかな~

犬は、(当然)人間が好き!

(当然)子どもが好き!

と、思い込んでいる方が多いですね・・・

 

そんなことはないんですよ。。

 

今回の、この犬の場合

直接見たわけではないので、あくまで、ニュースで流されている情報のみからの推測になりますが、

 

普段は、祖父母と暮らしている模様

つまり、子どもに慣れていない、という事になりますね。

 

犬は般化が苦手です。

一緒に暮らしているおじいさんおばあさんと、時々家にやってくる、ハイハイする赤ちゃんが同じカテゴリーとは認識しません。

別の「何か」と認識します。

 

子どもがいないお宅の犬は、積極的に子供に慣らしていかないといけません。

 

犬にとって子供とは、小さくて、キャーキャー甲高い声をだし、急に動いたり、走ったりする

まさに、小型の獲物のようなものです(もしくは、エイリアン)

 

大人しくて、臆病だった

と、供述しているようですが

 

犬は、何か信号を出していたと思うのです。

小さい信号かもしれません。

耳を後ろに引く、もしくは逆に、耳を前に出して、対象をガン見する。

 

人間は、「こうだ」と思い込むと、目の前にある現象に気が付かなくなるものです。。

 

 

 

 

 

 

何度も言いますが、

犬は、飼い主次第なのです。

 

 

犬は、何千年も、人間のパートナーして一緒に暮らしてきた動物です。

特に、レトリーバー種は、本来は人が好きな種です。

多分、彼らは人に捨てられたら、死んでしまうと思いますよ。。

(日本犬系は、野生化してしまう( ´艸`))

 

 

人が、少し注意していれば、防げた思うのに

犬は咬傷事故を起こす恐れがあるものだ、みたいな意見を見ると

人間社会に引き入れておきながら、ちゃんとルールを教えず

事故を犬のせいにするのは如何なものか?

と思います。