Author Archives: wan-topia

世話が楽かどうか?

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

今週は暑い日が続きました・・・

 

暑いって。。。どういう事なんでしょう。。。

 

朝のお散歩の時も

気温が高くて、歩くにはよかったですけど。。。

 

週末からは

また寒くなるようです。

体調管理に気をつけて

ペットとの暮らしを楽んでいきたいものですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍の影響か

ペットを飼う方が増えているそうです。。

 

と、いうのは何度かブログでも触れましたが・・・

 

飼育放棄されるペットも増えている、という事を聞くと

辛い気持ちになりますね(´;ω;`)

 

 

コロナ禍で家にいる時間が多くなったので

初めて犬を飼います、というお話もよく聞きます。

 

それはよいのですが

 

そのペットを飼う

という事は、生涯にわたって世話をしなくてはならないという事です。

 

犬は散歩があるから大変

ねこは散歩がないから楽

などど言われますが

 

どんなペットでも、命があるものです。

 

世話が楽か大変か

という問題ではなく、ペットを飼うという事は

世話をする

という事なのです。

 

世話が7割、楽しむのは3割くらいに思っておけば

ほぼ間違いないでしょう( ´艸`)

 

 

子犬を迎えたならば

おトイレを教えたり、社会化のトレーニングをしたり

基本的なしつけをしたり

予防注射や駆虫薬

フードやおやつ

おもちゃ、クレート、リード、ハーネス、首輪・・・などなど

 

時間もお金もかかります。

 

買ってきてうちに置いておけばいいというものではないのです。

 

こんなに吠えると思わなかった

家具を壊すと思わなかった

咬みつく

散歩が大変・・・

 

生き物なのですから当然です。

ペットには全く責任はなく、完全にリスクマネジメントが

出来ていない人間側の問題ですね。。

 

 

世話をする事をふくめて

一緒に過ごす時間を楽しむ事が出来るか?

 

終生飼養が出来るか?

 

自分たちが幸せになる事ばかりではなく

そのペットを幸せにする事が出来るか?

 

買う前に、今一度

ご家族で話し合ったり

自問自答して頂きたいですね。。。

 

売るペットショップ側も

せめて、ちゃんと世話が出来る人なのか

くらいは、確認して売って欲しいものです。。

 

「小さいから散歩に出さなくても大丈夫ですよ」

いまだに、このような事をお客さんに言っているのを聞きました。。。

 

「おいおい、いい加減な事言うなよ!」

と、内心叫びましたが

よそ様の店舗でいきなりケンカ売るわけにはいないので

急いでその場を離れました(;^_^A

 

ペットバラエティ番組視聴不可に続き、

 

ペットショップの生体販売コーナー立ち入り不可

になってきております(;^_^A

 

 


K9サークル SDSミニカップ♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

もう11月も半分きてしまいましたね~

 

今日は、K9サークルのメンバーで

SDSミニカップが開催されました!

 

と言いましても

いつも練習しているスタディドッグスクールで

K9サークルのメンバーたちと内輪のミニ大会を催した

というものです(;^_^A

 

 

今年は

コロナで始まり

コロナで終わり・・・

 

犬関連のイベントもことごとく中止・・・

 

春のPRカップ、

秋の精進湖公式大会、

 

みんな中止・・・

 

来年は実施されるといいんですけどね。。。

 

 

せっかくチーム分けしたのになにもないのも寂しいね

というわけで

内輪でのミニ大会を開催したのです。

 

練習日も

密を避けるため、3チームに分けてずらして行っているので

みんなで一斉に大会参加、というわけにはいかず。。

 

公式大会では全員参加のミュージカルチェアは無し。

 

各競技だけそれぞれのチームで行い

集計結果で順位を決める事になりました(;^_^A

 

カイル君は

「ジョーパップリレー」

「わんわんリレー」

「リコールリレー」

に参加。

 

 

 

私が最後のハンドラー、お題は「サイド→スワレ→オテ」オテの指示を出したところ

 

 

ジョーパップリレーは

3人のハンドラーが

それぞれ順番に犬を呼び、

出されたお題の指示を出し

犬が全部クリア出来るタイムを競うというゲーム。

 

飼い主以外の人に呼ばれても行けるか?

指示を聞く事が出来るか?

 

 

 

2番目のハンドラー、「スピン→ターン→エイト」を行っている

 

 

 

という、練習になりますね♪

 

 

 

ベニちゃんのトイレトリーブ

 

 

順位は

全チームが終了してからになるので

発表は再来週かな?

 

 

ちなみに

感染予防対策として全員マスクを着用。。

 

 

犬は、わりと飼い主の表情や声などで判断している事が多いので

指示が通じない事もあったりするのが、困りますね( ^ω^)・・・

 

全部キューだけで、ってのは難しいものです🐕


どこでおやつをあげればいいのか?

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

家庭犬のしつけ、として

 

近年は

ご褒美や誉め言葉を使ったモチベーショントレーニングが

主流となっている、

という認識で間違いないと思っております♪

 

多分、普通の飼い主さんたちからも異論はないと思うのですが・・・

 

しかし

ご褒美とはどのタイミングであげればいいのか?

というのは、口頭で説明するのは

なかなか難しいです(;^_^A

 

 

 

 

 

 

それぞれのシチュエーションで変わってきます。

 

新しい行動を教えたい時には

こちらの望む行動を取った直後にご褒美をあげる事で

その行動が定着していきます。

 

 

環境に慣れる練習の時には

好きなトリーツをどんどんあげちゃいます🐶

 

1回の量は小さくて良いので、回数を多くします。

 

 

例えば

お散歩の練習。。

 

基本的には

リードを張らないで歩いたら褒めてトリーツをあげる

という事を繰り返していく、

 

という事なのですが

 

すでに「はあはあ」言いながらリードを引っ張って歩いている場合

褒めようがないわけですね。。

 

前に行きたいのに行けない、という状態が続く事により

ますます興奮してリードを引いてしまうという行動、というか現象を

「タイトリードシンドローム」と言います。。

 

こうなってしまうと

いくら名前を呼んでトリーツをあげても

食べてまた引っ張る

という事になってしまいます。。。

 

 

引っ張る理由はその犬によって様々なので一概にこうだとは言えないのですが

 

一つに、外の環境に慣れていない

という事がありますね。。

 

外の環境に慣れていないので

家の外に出ると興奮して、あっちにいったりこっちに行ったり

どんどん前に行こうとしたり、何かに驚いて走り出そうとしたり

という事が起こります。

 

 

 

 

 

 

犬に余裕がない状態なのに叱っても、効果はほとんどないでしょう。

 

犬にしても、では自分はどうすればいいのか?と困ってしまうし

かえってストレスになってしまうかもしれません。

 

飼い主さんの希望は引っ張らないで歩く

だけど、

そこに到達するまでの最初の段階を低く設定して

まずは、いつも決まった位置(飼い主の左側とか)で歩き、名前を呼んで意識を向けたら

トリーツをあげる。

 

外の環境に慣れていない、というのが一因ですから

トリーツを食べられる状態なら、

人、車、自転車、ごみ袋、のぼり、草、その他色々な刺激に対して

どんどんトリーツをあげちゃいましょう♪

 

 

引っ張り防止ハーネスを使ったり

滑りにくいリードを使うのもおすすめです。

 

 

あっちこっちに行かせない

細かく名前を呼んでトリーツをあげる

という事を続けていただければな

と思います♪