Author Archives: wan-topia

かみなりだ⚡

カテゴリー : お客様・生徒さん紹介

まだまだ暑い日が続いておりますが

愛犬はお元気ですか?

(飼い主さんも・・)

 

それでも夏の終わりが近づいてきた感じですね。。

 

夏の終わりといえば

そう

かみなりの季節!

(主に関東周辺)

 

夕べは久しぶりに結構な雷雨となりましたが

ワンコたちは無事でしたか?

 

うちのカイル君は雷恐怖症ではないので

しれっとしていましたが(;^_^A

 

雷恐怖症のワンコたちと飼い主さんは大変です!

 

しつけでどうにかなるものでしょうか?

 

うーむ

残念ながら

治る、という事例は聞いた事はないですね。。。

 

音慣れの練習用のCDの中に

雷や花火の音が入っていますが

やはり再生した音と生の音は全然違いますからね・・・

 

ライブ感が出るほどのオーディオ機器を備えているお宅は

そうそう無いと思いますし・・

(もちろん、うちにもありません)

 

その他に

サンダーシャツというものが売られていますので

おすすめではあります。

 

 

 

 

 

 

動物は

身体に少し圧力がかかった方が落ち着く事があります。

 

雷や打ち上げ花火などの音響恐怖症だけはなく

落ち着きがない子や

飼い主さんと離れると怖くて恐怖反応が出る子などにも

効果があるようです。

 

もちろん、個人差があるので装着してみないとなんとも言えないのですが(;^_^A

 

 

知人のワンコが音響恐怖症で

雷や花火大会の時にはサンダーシャツを着せていたら

今度は逆に

サンダーシャツを着ると怖い事が起こるのか?

とサンダーシャツと怖いことを関連付けてしまって

結局、ぶるぶる震えてよだれまみれになってしまった・・・

そうです(;^_^A

 

 

日頃からハウストレーニングをしていれば

ハウスに入れて部屋の隅など、落ち着ける場所に置いておく

という事もできますね。。

 

ハウスの中で震えていると思いますが・・・

 

かといって

ハウスの中で待機させていたら

横の小窓?を破壊して脱走してしまった。。

という強者の話も聞いた事がありますし。。。

 

これが効くよ!

とは一概には言えないところではあります。

 

一年に数回だけではありますが

なんとか愛犬に合ったしのげる方法が見つかるといいですね。。

 

 

 


ラサ・アプソ♪

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

毎日暑い日が続いてますね(;^_^A

 

台風10号がやってきて

西日本を縦断し

日本海を北上している模様・・・

 

この辺は晴れてきましたが

風が強く、とても蒸し暑い。。

 

台風が去ったあとは

とても暑いんですよね(;^_^A

 

人への熱中症予防・対策・注意喚起が盛んに報道されていますが

ペットたちも熱中症に注意ですよ!

 

現在、日本で飼育されている犬は

ほとんどが小型犬。。

 

日本人は犬にかわいさや癒しを求めている事が多いからかな?

とも思いますが

 

住環境や、高温多湿な自然環境というのも影響あるかもしれませんね。。

 

暑すぎたり・・

台風が来たり・・

犬の散歩も大変です(;^_^A

 

その点

小さいわんこたちなら

トイレのしつけさえできていれば

必ずしも外に出さなくても

なんとかなりますね(;^_^A

(社会化トレーニングとはまた話が別です)

 

そこで

ラサ・アプソ

日本でも人気が出てきているようですね( ´艸`)

 

 

ラサ・アプソ

 

 

 

 

原産国:チベット

起源:古代

初期の用途:僧侶のコンパニオン

現在の用途:コンパニオン

体重:6~7㎏

体高:25~28㎝

チベット人は犬の外貌よりも気質を重んじて繁殖しました。

ラサ・アプソは「屋内の番犬」として利用されてきました。「毛深い鳴き犬」という意味のチベット名も、その鳴き声に由来します。

このような性質を持つ犬は、特にダライ・ラマ宮殿のような富裕階級の居住地域ではごく普通に飼われていました。

ラサ・アプソが西洋に紹介された時には、ちょっとした混乱を招き、初めはチベタン・テリアやシー・ズーと同じカテゴリーに分類されていました。

しかし、1934年に、これらの犬たちがそれぞれ独立の犬種として認められたのです。

 

 

犬種の歴史

長い間、ラサ・アプソはチベットだけで繁殖されてきました。

初めて西洋に渡ったのは1921年の事でした。

 

(新・犬種大図鑑より抜粋)

 

発見されてからの期間が短いせいか

歴史的な背景の説明も短い( ^ω^)・・・

 

 

写真で見る限り

シー・ズーにとてもよく似ています。

シー・ズーは中国原産ですけどね。。

 

ワタクシは実物にお目にかかった事はないのですが・・・

 

この手のタイプは

同じ小さいわんこでも

テリアたちに比べたら

おっとりしている方ではないでしょうか(;^_^A

 


叱らないしつけ?

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

猛暑が続いておりますが

皆様、お元気ですか?

 

ワタクシは

ありがたい事に

毎日お仕事で忙しくさせて頂いております!(^^)!

 

夏休みシーズンなので

新規で依頼があるのはシッターが多いです(;^_^A

 

早朝5時で既に暑い!

 

カイルの散歩を済ませ

多少家事を済ませ

シッターへGo!

 

朝からお散歩三昧ですが

とにかく

暑すぎる・・・

 

わんこたちもへばってしまうので

なるべく日陰を歩いたり

短い時間で済ませたりしています(;^_^A

 

 

 

話は変わって

小泉進次郎氏が結婚した💛

というニュースが話題になり

 

お父様の小泉純一郎氏の育児・教育方針がちょっと話題にのぼっていましたね(;^_^A

 

そこで

タイトルの

「叱らないしつけ」

 

小泉純一郎氏がそのような方針だったそうなのですが

 

最近の家庭犬のしつけの主流は

「ほめるしつけ」です

(犬にからめて申し訳ありません・・・)

 

良い(望む)行動をとったら褒めてごほうび(トリーツ)をあげて

良い行動を強化していく

というものです。

 

動物行動学的にも

 

行動の約0.2秒後に報酬が出ると

その行動は強化される

というデータが出ています!

 

「ほめてしつけるのはわかったわ

では、悪い事をした時は叱らないの?」

 

もしくは

「悪い事をした時は、どうやって叱ればいいんですか?」

「悪い事をした、と分かってもらうにはどうすればいいのか?」

 

良く聞かれますね・・・

 

まず

注意する点は

犬には善悪という概念はありません。

これは「良い事」

これは「悪い事」

という概念は無いのです。。。

 

では飼い主はどうすればよいのか?

 

考え方としては

悪い事をしたから叱る!のではなく

やってほしくない行動を止めてもらう

という感じですかね(;^_^A

 

まずは

現在の環境を見直してみましょう。。

 

それから

望ましくない行動が出たら

 

警告の声を出して止めたら褒める

おもちゃ等でたくさん遊んで体力を発散さる

基本的なトレーニングをして飼い主さんに意識を向けるようにする

 

など

対処方法はあくまでケースバイケース

これにはこれが効くよ

とは言えませんが

 

犬に人と同じような善悪の概念は無いので

(バカと言ってるわけではありませんよ)

道徳的な理由を犬に求めないようにしましょう。

 

本当の原因を見誤ってしまう可能性があります。。

 

雑な言い方をしますと

叱ったからといってわかるものではないし

逆効果になりかねないので

叱らない方法を取っていきましょう( ´艸`)

 

そのほうが結果的に効率的ですよ(^^♪

 

 

 

 

 

カイルの隣にいるのは

同じK9のチームメート

パピヨンのリンリンです💛

 

K9ゲームは

褒めるしつけで覚えてもらった基本的な行動

マテ、コイなどを組み合わせた楽しいゲームです。

 

犬と飼い主さん一が緒に楽しめます🎶

 


ドッグトレーナーBLOG

お問合せ・ご予約

 WEB受付はコチラ!
 07069868730
 エリア:多摩市・八王子市・町田市近郊

サイト内検索