子ども好き?

子ども好き?

カテゴリー : ドッグトレーナーBLOG

犬と子ども💛

微笑ましい取り合わせですね( ´艸`)

昔で言えば
「名犬ラッシー」や
「名犬ジョリー」
「フランダースの犬」などなど・・

ワタクシも子どもの頃はよく見ておりました(;^_^A

映像というのはインパクトがありますので
気が付かないうちに刷り込まれてしまっている、という事があります。

なので
なんの根拠もなく
「犬は子どもが好き」という思い込みがあるために
無防備に子どもを犬に近づけてしまう、という事が起きがちですが。。

大抵の犬は
基本的に小さい子どもは苦手です(;^_^A

特に、家に小さいお子さんが居ないうちの犬は、子どもを怖がる事が多いです。。

小さい子どもの特徴として
甲高い声を出したり、急に走り出したり
いきなり手を出してきたりするので
犬としては、びっくりしたり、恐怖を感じたりするわけですね。。

単純に
大人を人間と思っているけど
小さい子どもは人間とは思っていない、という事もあるかと思います(;^_^A

では、どうすればよいか?

まずは、大人がよく注意をするという事です。

不用意にお子さんを知らない犬に近づけてはいけません(;^_^A

まずは、飼い主さんに犬に触っても大丈夫か確認を取って下さい。
大丈夫ですと言われたら
かがんで身体を低くして、手を犬の鼻の傍にそっと出して
犬がニオイを嗅ぎに寄って来るのを待って下さい。
側に来てくれたら、そっと身体の横から触りましょう。

もし、犬が手を避けたり、側に来てくれなかったら触るのはあきらめて下さい(;^_^A

飼い主さんは
日頃から、子どもを見ると犬が怖がっているようでしたら
おやつをあげて、子どもに対して良いイメージを持たせるようにしてあげて下さい。

無理に近づけたりはしないで下さいね。。

子どもと犬との間でトラブルが起きてしまうと
ほぼ100%犬が悪いという事になってしまいますし
子どもを見るたびに恐怖心を感じるようではストレスとなり
犬にとってもつらいですよね・・・

小さい子どもが近くにいて、走ったり騒いだりしても
無視して飼い主さんに注目できるようにするのが
社会化の目的です。

仲良くなるためではありませんので
お間違いなく(;^_^A

話は変わりますが

この写真は、K9の練習会の終了後に近くの住宅展示場を散歩した時
イベント?でやっていた汽車です。。

他にお客様がいなかったからだと思うのですが
カイル君も一緒に乗せてもらい展示場を一周しました。

しかし、
彼はあまり楽しくなさそうでした。。
おやつを食べながらなんとか乗っていましたけどね。。

自分の犬には、雑な事をしてしまい、反省しております・・・